24 -TWENTY FOUR- シーズン7 DVDコレクターズ・ボックス〔初回生産限定版〕
24 -TWENTY FOUR- シーズンVII DVDコレクターズ・ボックス〔初回生産限定版〕おすすめ平均
stars期待大!しかし...
starsBlu-rayを早く
starsキム・バウアーとアーロン・ピアース
stars発売が遅い!でもシーズン7は面白いです。
stars発売はまだですが。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009年01月21日

24 -TWENTY FOUR- #7.04

24 シーズン7 第4話 (11:00AM-12:00PM)

ジャックとトニーに逃げられてしまったラリーたちFBIは、テイラー大統領から叱責を受ける。もちろん、ことの真相を知らないルネは、本当にジャックが裏切ったと思い、恨みさえ抱くようになっていた。

一方、ビルのアジトに着いたジャックは、クロエとも再会。また一緒に働けて嬉しいと言うクロエに、まだ仲間になったわけではないとジャックは答える。一体ここで何が起こっているのか? 状況を聞き、その話が信じられない限りは仲間にはならないと。ジャックの最初の質問は、なぜ死んだはずのトニーが生きているのかということだった...。

あの時、一時的に自分は死んでいたと答えるトニー。だが、それを救ったのはエマーソンという男だったと。エマーソンは、それ以前から政府に恨みを持つ政府職員を仲間に引き込もうと狙っていた。その条件に合っていたのがトニーであった。エマーソンと通じていたCTU職員が、すかさず打ってくれた薬品のおかげで蘇生したのだとトニーは説明する。

それで潜入捜査を始めたのかと納得するジャック。しかし、トニーは最初のうちは政府を逆恨みし、本当にエマーソンのために働いていたと打ち明ける。だが、ハッキング装置の存在、そしてエマーソンの"客"がドゥバク大佐だと知り、ビルに助けを求めた。ドゥバク大佐と通じている者がいる腐敗したアメリカ政府に頼るわけにもいかず、これまでトニー、ビル、クロエの3人だけで、どの組織にも属さず極秘に捜査を続けていたのだと。

またしてもホワイトハウスを抜け出したヘンリーは、サマンサと密会。ロジャーを自殺に見せかけて殺した黒幕には、名前は分からないがテイラー内閣の閣僚がいるとサマンサは言う。そしてロジャーが握っていた証拠のデータが入ったUSBメモリーをヘンリーに手渡した。その頃、テイラー大統領は、なぜサンガラへの武力介入が遅れているのかとマトボ首相に責められていた。テイラー大統領は、ドゥバク大佐からの脅迫メッセージを聞かせ、マトボ首相に理解を求める。

潜入捜査を続けるためには、トニーをテロ仲間の元に戻さなければならない。しかし、エマーソンはトニーがFBIに捕らわれたこと、その後ジャックがトニーを連れ出したことに気づいているはず。このままトニーを帰しては、怪しまれてしまう。そこで、ジャックも聴聞会で追求されたため、政府を恨んでいるということにし、トニーと同じくエマーソンの仲間になりたいという芝居をすることに。

FBI本部では、ショーンが上司のラリーに成りすまし、妻が乗る飛行機を最優先で着陸させるよう指示を出していた。JFK空港の二の舞いを避けるため、飛行中の航空機はすべて今も上空で待機させられたままであった。一方、トニーに逃げられたFBIにとって、ドゥバク大佐に繋がる手がかりは、シェクターを暗殺したスナイパーのタナーだけとなっていた。治療のため入院中のタナーの病室に忍び込んだルネは、ジャックばりに拷問し、ドゥバク大佐の次の一手を吐かせようとする...。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ << ランクアップにご協力お願いします

24 -TWENTY FOUR- シーズンVII DVDコレクターズ・ボックス
24 -TWENTY FOUR- シーズン7 DVDコレクターズ・ボックス
ラベル:海外ドラマ 24
posted by キント at 02:02 | TrackBack(0) | 24 シーズン7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。